【Mac】画像も貼れる万能テキスト!「テキストエディッタ」アプリを使ってみる

スポンサーリンク
Mac

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

MacとWindowsのPCに加えてITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。
その他の趣味とも合わせて日々の経験や発見を当ブログで紹介しています。
ほぼ毎日更新しています!他の記事も見ていただけると嬉しいです。

今回はMacに標準インストールされている「テキストエディット」というテキストアプリを使ってみました。
Mac テキストエディットアプリ

文字の強調や色変えだけでなく画像も貼り付けできますので、詳細な資料作成や保存にも使えるアプリです。

スポンサーリンク

Macのテキストエディットの拡張子について

こちらのアプリの拡張子は「rtf」となります。
リッチテキストフォーマット(rich text format)の略で、フォントや色やサイズを変更できます。
また画像を貼り付ける場合は拡張子「rtfd」に変換できます。
こちらはリッチテキストフォーマットのディレクトリでMac独自の拡張子になります。

rtfはWindowsでも開くことができますが、rtfdだとMac規格なのでWindowsで開くことができない可能性があるので注意してください。

なお、文字の色やサイズを編集しないプレーンテキスト(txt拡張子)で保存することもできます。
その場合はこちらの記事を参照してください。

【Mac】テキストエディットを標準テキスト形式(.txt)で保存する
こんにちは、K.Kです😀 Macには標準でテキストファイルを作成できる「テキストエディット」というソフトがインストールされています。 しかし、このエディタは作成したテキストをリッチテキスト形式(.rtf)で保存します。 ...

Macのテキストエディットを使ってみる

ではアプリを使ってみます。
起動するとFinderが開きます。
新たに作成する場合は「新規書類」をクリックします。
Mac テキストエディット 開く

テキストが開きました。
Mac テキストエディット 新規開く

文字を入力してみます。
Mac テキストエディット 文字入力

画面上のメニューバーから文字に色をつけたり太字にしたりサイズを変更したりと編集ができます。
Mac テキストエディット 文字編集1
Mac テキストエディット 文字編集2

さらに画像を貼り付けました。(rtfd拡張子に変換しています。)
文字+画像を残せるのは便利です。
Mac テキストエディット 画像貼り付け

画面左の「×」をクリックするかcommand+Sキーの操作で保存画面が開きます。
作成したテキストに名前を付けて保存できます。
Mac テキストエディット 保存

今回の一言・・・

プレーンテキストでは表現が足りない情報を保存したい場合にオススメのアプリです。
文字の編集や画像を貼り付けられるだけで表現できる幅がグッと広がります。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました