ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】使ってみたら便利だった!macOS Mojaveの新機能「日本語入力で英単語を入力」

【Mac】使ってみたら便利だった!macOS Mojaveの新機能「日本語入力で英単語を入力」

calendar

こんにちは、K.Kです😀

macOS Mojaveにアップグレードして数ヶ月経ちますが、まだその機能を使いきれていません。
macOS Mojaveでは、日本語入力モードのまま英単語を記入することができます。

スポンサーリンク

macOS Mojaveで英単語を入力する

普段は、英語で文字を入力するとき、キーを「英数」モードにしてから打ち込みます。

しかし、macOS Mojaveの新機能だと日本語モードのまま英語を入力することができます。

試しに入力してみます。

キーボードはMacの日本語に設定しておきます。
Mojave日本語英単語 ひらがなにする

「record」と入力してみます。
きちんと候補に「record」と出てきます。
Mojave日本語英単語 試し打ち1

今度は、「Mojave」と打ち込んでみます。
これも候補に「Mojave」が出てきます。
Mojave日本語英単語 試し打ち2

次は長めの単語「superintendence」(監督)を入力します。
Mojave日本語英単語 長い単語

「superintendent」や「superintendency」は検索候補として出ますが、「superintendence」は出てきませんね・・・。
最後まで打ち切っても出てはきません。
Mojave日本語英単語 打ち込む3

全ての英語を変換できる訳ではないようです。
今後のバージョンアップで対応していってくれるかもしてません。

さらに試しに文章も打ち込んでみました。

「I am a teacher」と打ち込んでみます。
続けて入力してみても変換はされませんね。
Mojave日本語英単語 文章1

一単語づつ入力してみました。
すると正しく文章を作成できました。
Mojave日本語英単語 文章2

ただこの場合だと、「I」「am」と一単語ごとにスペースキーを押して単語を決定していく必要があります。
スペースに関しては、半角で出力してくれるのでそのまま入力できるという利点はあります。
欠点は、この方法で文章を入力するとやたらスペースキーを押すことになるので時間がかかるということです。

便利な使い方としては、よく使われるワードは日本語入力で英単語を入力して、英語で文章を打ち込む場合は英語入力のキー変換を行うのがいいようです。

今回の一言・・・

十数年前に比べて、生活に英単語がありふれているように感じます。
Windowsも昔は「ウィンドウズ」という表記も見かけましたが、今はほとんどが「Windows」と表記します。
生活に合わせて考えるとよく使われる英単語を日本語入力のまま打ち込めるmacOS Mojaveの今回の機能は世の流れにそった機能と言えるでしょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。