ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】令和への準備!?年月日の表記を元号に変える

【Mac】令和への準備!?年月日の表記を元号に変える

calendar

こんにちは、K.Kです😀

今月で平成が終わり、来月5月から新しい元号の令和になります。
それに備えて、macOS Mojaveのバージョン10.14.5のベータ版ではこの新元号に対応しているようです。

ベータ版なのでまだ本リリースは今現在されていません。
macOS 元号 バージョンアップ

5月までにはリリースされるはずなのでそれまで待ちましょう。
そのため、今回はmacOSの表記を元号に変える設定を行ってみます。

スポンサーリンク

カレンダーアプリの表記を確認する

macOSの年号表記のデフォルトは西暦です。

まずはMacに標準で入っているカレンダーアプリの表記を確認しましょう。

Mac画面の下にあるDockの中のLaunchpadを起動します。
macOS 元号 launchpad

アプリ一覧から「カレンダー」アプリをクリックします。
macOS 元号 カレンダー

カレンダーアプリが起動します。
左上の年月日が西暦になっているのがわかります。
macOS 元号 西暦

日付の表記を西暦から元号に設定変更する

では、西暦を元号に変更します。

画面左上のリンゴマークをクリックして、システム環境設定を選択します。
macOS 元号 システム環境設定

システム環境設定が開きます。
「言語と地域」をクリックします。
macOS 元号 言語

「言語と地域」画面が開きます。
画面の真ん中にある「暦法」を変更します。
今は「西暦(グレゴリ歴)」になっています。
macOS 元号 西暦変更

暦法の選択肢の中から「和暦」を選択します。
macOS 元号 和暦

暦法を和暦にすると、設定が変更されます。
macOS 元号 和暦

先ほどのカレンダーアプリを見ると、表記が「平成」になっています。
macOS 元号 平成

5月を見ると平成31年のままなので、まだ新元号には対応していません。
バージョン10.14.5の本リリースを待つしかありません。
macOS 元号 新元号

元号に変わっているのはカレンダーアプリだけではありません。
Finderのフォルダやファイルの表記も元号になっています。
macOS 元号 Finder

またMacの右上にある日時も元号表記に変わっていました。
macOS 元号 日時

今回の一言・・・

Microsoftは新元号に対応したと耳にしましたが、Macも来月までには対応するようですね。
PCで元号設定することはあまりないとは思いますが、設定できるなら設定できたでやはり便利だと感じました。
あとは、新元号に対応した新バージョンがリリースされるのを待ちましょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。