ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】令和に対応!macOS Mojave 10.14.5にアップデートする

【Mac】令和に対応!macOS Mojave 10.14.5にアップデートする

calendar

こんにちは、K.Kです😀

本日2019年5月14日に、macOS Mojaveの10.14.5がリリースされました。
今回のアップデートは、以下の内容に対応しています。

  • ビデオ、写真、ミュージックなどをMacからAirPlay 2対応のスマートテレビにダイレクトに共有するAirPlay 2の機能を追加
  • 和暦の元号“令和”に対応
  • 2018年に投入されたMacBook Proでのオーディオ遅延を改善
  • 特定の非常に大きなOmniOutlinerおよびOmniPlanの書類が適切にレンダリングされない問題を修正

今回の対応は新元号の「令和」に対応しています。
さっそくアップデートしてみました。

スポンサーリンク

macOS Mojave 10.14.5にアップデートする

今回のアップデートには再起動を必要とするので注意してください。

現在のバージョンを確認するには、画面左上のリンゴマークをクリックして、「このMacについて」を選択します。
macOS Mojaveの10.14.5 バージョン

現在のバージョンは「macOS Mojave 10.14.4」です。
「ソフトウェア・アップデート」をクリックします。
macOS Mojaveの10.14.5 現在

ソフトウェア・アップデート画面が開きます。
今回のアップデートが表示されました。
「新しい情報」をクリックするとアップデート内容の詳細がわかります。
macOS Mojaveの10.14.5 アップデート

「今すぐインストール」をクリックするとアップデートが開始します。
macOS Mojaveの10.14.5 詳細

アップデートデータのダウンロードが始まります。
macOS Mojaveの10.14.5 ダウンロード中

ダウンロードが完了すると、再起動が求められます。
OKであれば再起動しましょう。
macOS Mojaveの10.14.5 再起動

再起動中にインストールが行われます。
macOSが起動するには20分ほどかかりました。

起動後、macOS Mojaveの10.14.5に更新できました。
macOS Mojaveの10.14.5 更新完了

macOS Mojaveの10.14.5をみてみる

では、10.14.4との違いをちょっとみてみましょう。

10.14.4で「令和」と打ったところです。
アップデート前でも令和は一発変換できました。
意味は表示されますが、「令」の意味だけです。
macOS Mojaveの10.14.4 令和

10.14.5で「令和」と打ったところです。
もちろん一発変換できますが、変換に「REIWA」や「Reiwa」が表示されるようになっています。
意味に関してはまだ設定されていないようです。
macOS Mojaveの10.14.5 令和

今回の一言・・・

ペース的には月一でアップデートがある形なのでしょうか。
新元号の令和以外にも対応はしているので、別の機会を見計らって試してみることにします。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。