ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac】セキュリティアップデートを行う

calendar

こんにちは😀

今回は、MacBook Proのセキュリティバージョンアップを行います。

というのも、先日11/2にmacOSやiOSに脆弱性が発見されたとの記事を読み、セキュリティが気になりました。

macOSが、「10.13.6」以上であれば大丈夫とのことで、確認したところ・・・
セキュリティバージョンアップ1−1
「10.13.6」なので上記の脆弱性に関しては大丈夫です。

ただ、このような事態があるので、日頃から頻繁にソフトウェアのアップデートの確認と実行は必要だと思います。

スポンサーリンク

アップデートの有無の確認

Macのソフトウェアアップデートの確認は、Launchpadを起動して、App Storeからできます。
セキュリティバージョンアップ1−2

App Storeを起動し、「アップデート」タブを選択します。
すると今回は、アップデート対象があるのがわかります。
セキュリティバージョンアップ1−3

アップデートを行う

「さらに見る」を押すと、アップデートの内容を確認することができます。
ちょうど今回セキュリティアップデートが1件ありますね。セキュリティバージョンアップ1−4

右上の「すべてアップデート」を押して、アップデートを開始します。
英語で同意書が出てくるので、「同意する」ボタンを押します。
セキュリティバージョンアップ1−6

「ダウンロードして再起動」を押します。
セキュリティバージョンアップ1−7

必要なアップデートが完了するまで待ちます。
セキュリティバージョンアップ1−8
ダウンロードが完了すると、MacBook画面右上に再起動するかを聞いてくる画面が表示されます。
再起動を押して再起動します。
セキュリティバージョンアップ1−9

再起動後、App Storeを確認すると1件アップデートが残っているのが確認できます。
セキュリティバージョンアップ1−10

再度アップデートを行います。
そして、再起動するかどうかを聞かれるので、再度PCの再起動を行います。

再起動後、App Storeを確認すると、「アップデートはありません」と表示され、すべてのアップデートが完了していることがわかります。
また、先ほどの3件のアップデートの行われていることが履歴に表示されています。
セキュリティバージョンアップ1−11

今回の一言・・・

macOSは、Windowsに比べるとセキュリティは強固なイメージがあります。
しかし、絶対に安全なシステムもないので、定期的にアップデートがないかを確認し、あれば早めに対応するのがいいかと思います。

なお、上記の記事によるとiPhoneなどのiOSの使用者のうち60%しか、脆弱性対応しているiOS12を適用していないとのことなので、iPhoneを使用していてまだの方は急いでアップデートした方がいいかと思います。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す