ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【IT入門】電子商取引に関して

calendar

reload

【IT入門】電子商取引に関して

こんにちは😀

今回は、電子商取引に関してまとめました。
インターネットの発達により、電子的な情報のやり取りで売買やサービスのやり取りを行えるようになりました。
その電子商取引をみてみます。

スポンサーリンク

電子商取引とは

ネットワークなどを用いた電子的な商取引のことをEC(Electronic Commerce)と言います。
例えば、今まで紙での伝票のやり取りを電子化したものになります。
注文を電子的なデータとして受けることで、そのまま社内システムに流して処理することができます。
ネットワークなら処理は迅速に行えるので、不要なタイムラグもありません。
伝票の保管コストや入力コストなどコストの削減も見込めます。

取引の形態に関して

ECには取引するされるの対象によって、いくつかの形態があります。

B to B

Business to Businessの略になります。
企業と企業間の取引を意味します。
商取引のために、組織間で標準的な規約を定めてネットワーク上でやり取りすることをEDI(Electronic Data Interchange)と言います。

B to C

Business to Consumerの略になります。
企業と個人の取引を意味します。
オンラインショッピングなどが該当します。

C to C

Consumer to Consumerの略になります。
個人同士の取引を意味します。
ネットオークションによる個人の売買などが該当します。

B to E

Business to Employeeの略になります。
企業と社員の取引を意味します。
企業が自社の従業員向けに提供するサービスなどが該当します。

G to C

Government to Consumerの略になります。
政府や自治体と個人の取引を意味します。
住民票などの行政サービスの電子申請などが該当します。

カードシステムに関して

ECを利用するに当たって、関わってくるのがカードシステムです。
金銭の電子的なやり取り、決済手段として重宝されるのがクレジットカードをはじめとする様々なカードシステムになります。

現在は、従来主流出会った磁気カード方式から、より偽造に強く多くの情報を記録することのできるICカード方式へと切り替わりつつあります。

買い物時点ではカードを提示するにとどめ、後日決済を行う後払い方式のカードをクレジットカードと言います。
また、買い物代金の支払いを、銀行のキャッシュカードで行えるようにしたものをデビットカードと言います。

 

今回はここまで🤚

では、また次回。

IT入門一覧はこちら】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す