ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » IT入門 » 【IT入門】メモリに関して

【IT入門】メモリに関して

calendar

reload

【IT入門】メモリに関して

こんにちは😀

今回はいくつかあるメモリの分類をみてみます。

メモリを大きく分けると、RAMとROMに分けられます。
RAMは、読み書き可能で揮発性(電源を切るとデータが消える)になります。
ROMは、読み出し専用で不揮発性(電源を切ってもデータが消えない)になります。

スポンサーリンク

RAMとその種類

ランダムに読み書きできるのがRAM(Random Access Memory)になります。
RAMは、主記憶装置に使われるDRAMとキャッシュメモリに使われるSRAMに分けられます。

DRAM

Dynamic RAMの略になります。
価格が安価で容量が大きく、主記憶装置に用いられるメモリになります。
読み書きは、コンデンサに電荷を蓄えて行い、SRAMに比べると低速です。
記憶内容を保つため、定期的に内容を再書き込みするリフレッシュ動作が必要になります。

SRAM

Static RAMの略になります。
フリップフロップ回路を使ってビット情報を記憶し、DRAMに比べて非常に高速になります。
価格は高めになり、小容量のキャッシュメモリとして使用されます。
記憶内容を保持するのに、リフレッシュ動作を必要としません。

ROMとその種類

読み出しだけを行うメモリがROM(Read Only Memory)になります。
そのため、動作に必要なプログラムやデータは、あらかじめメモリ内に書き込まれた状態で出荷されています。
家電製品のような決められた動作を行う特定用途向けコンピュータの場合に使用されます。

以下は、ROMの種類になります。

マスクROM

読み出し専用のメモリです。
製造時にデータを書き込み、以降は内容を書き換えることが不可能になります。

PROM

Programmable ROMの略になります。
ユーザの手で書き換えることができるROMです。
以下の種類があります。

EPROM

Erasable PROMの略です。
紫外線でデータを消して書き換えることが可能です。

EEPROM

Electrically EPROMの略です。
電気的にデータを消去して書き換えることが可能です。

フラッシュメモリ

EEPROMの一種になります。
全消去でなく、ブロック単位でデータを消したり書き換えたりすることが可能です。

今回の一言・・・

普段馴染みのあるメモリも簡単にまとめるだけでもこれだけあります。
フラッシュメモリもメモリカードとして、デジカメ等には必要不可欠なメモリになります。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

IT入門一覧はこちら】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す