ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【IT入門】システムの開発手法に関して

calendar

reload

【IT入門】システムの開発手法に関して

こんにちは😀

今回は、システムの開発手法をまとめました。

システムの開発は効率や安全性を考えて様々な手法があります。
たとえば、既存の開発モデルを派生させたものやソフトウェアの再利用を推し進めたものがあります。
いくつかその手法をみていきます。

スポンサーリンク

RADとは

迅速なアプリケーションという意味をもつ開発手法がRAD(Rapid Application Development)になります。
エンドユーザと開発者による少人数構成のチームを組み、開発支援ツールを活用するなどして、短期間で開発を行うことを重要視した開発手法になります。

RADでは、プロトタイプを作成してそれを評価するサイクルを繰り返すことで完成度を高めていきます。
このフェーズが無制限に繰り返さないようタイムボックスという開発の期限を通常は設けます。

アジャイルとは、XPとは

スパイラルモデルの派生型で、より短い反復単位を用いて迅速に開発を行う手法の総称をアジャイルと言います。
アジャイルを用いた開発では、1つの反復で1つの機能を開発し、反復を終えた時点で機能追加されたソフトウェアをリリースします。
開発をしたことのある人は一度は耳にしたことのある言葉だと思います。

そのアジャイルの代表的な開発手法をXP(eXtreme Programming)と言います。
少人数の開発に適しており、変更を許容する柔軟性を実現しています。
XPでは、いくつかの評価とプラクティスが定義されていますが、以下に開発のプラクティスをいくつかまとめます。

テスト駆動開発

実践の前にテストを定め、そのテストをパスするように実装を行います。

ペアプログラミング

2人1組でプログラミングを行います。
1人がコードを書き、もう1人がそのコードをチェックするように、互いの役割を入れ替えながら作業を進めます。

リファクタリング

完成したプログラムでも、内部のコードを随時改善します。
あくまで内部のコードを修正するので、外部から見た動作は変更しません。

ソースコードの共同所有

コードの作成者に断りなく、チーム内の誰でも修正を行うことができます。

継続的インテグレーション

単体テストを終えたプログラムは、すぐに結合して結合テストを行います。

YAGNI

「You Aren’t Going to Need it」の略になり、今必要となる機能だけを作成するシンプルな実装になります。

リバースエンジニアリングとは

既存のソフトウェアの動作を解析することで、プログラミングの仕様やソースコードを導き出すことをリバースエンジニアリングと言います。
すでにあるソフトウェアを再利用することで、新規開発の手助けになります。

マッシュアップとは

公開されている複数のサービスを組み合わせることで新しいサービスを作り出す手法をマッシュアップといいます。

今回の一言・・・

大人数での開発はコミュニケーションが大事になります。
しかし、1つ1つの情報や状態をゆっくり共有していると開発期間は冗長になっていきます。
開発手法は、短期間で連携を密にし開発を進める方法なのでうまく使っていけるよう理解を深めていきます。

今回はここまで🤚

では、また次回。

IT入門一覧はこちら】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す