ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » iPad » 【iPad】iCloudバックアップでiPadデータのバックアップを取得する

【iPad】iCloudバックアップでiPadデータのバックアップを取得する

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

iPadを使い始めてそろそろ1年経とうとしています。
最初は特に使用目的もなく購入しましたが、いざ所有してみると家ではスマホの代わりに外ではPCの代わりにといろいろ用途が幅広く満足しています。

そんなiPadですが、今まであまりデータのバックアップを取ることを意識してきませんでした。
同じく所有しているMacの方はTime Machineで定期的にバックアップを取得しているので、iPadの方も何かしらの方法でバックアップを取っておこうと調べてみました。

こちらの公式サイトの情報によると、iPadのバックアップの方法は【iCloudを使う】【コンピュータを使う】の2種類があるようです。

ここでは、すぐに試すことができる【iCloudを使う】方法でiPadのバックアップを取得してみました。

スポンサーリンク

iCloudバックアップを使ってデータを保存する

バックアップを取得するために、「設定」アプリを開きます。

設定を開いたらアカウント名をタップし、「Apple ID」画面を開きます。
ipadバックアップ 設定

Apple IDの画面を下スクロールし、「iCloudバックアップ」をタップします。
ipadバックアップ タップ

「バックアップ」画面が開きます。
ipadバックアップ 画面開く

「iCloudバックアップ」をオンにしておくと、自動でバックアップを取得してくれます。
自分のはすでにオンになっていたので、知らず知らずのうちにバックアップは取得されていました。
ipadバックアップ オン

手動でバックアップを取得する場合は、「今すぐバックアップを作成」をタップします。
ipadバックアップ 手動

バックアップの作成が開始します。
ここでは数分で作成は完了しました。
ipadバックアップ 手動開始

「バックアップ」画面には、「最後に作成されたバックアップ」の日時が表示されます。
ipadバックアップ 日時

こちらのバックアップを行う場合は、iCloudの空き容量が十分にあることが条件になります。

またバックアップの復元に関しては、iCloudバックアップからはできずiPadの初期状態でできるようです。
復元に関してはまた別に機会があるときに行ってみようと思います。

今回の一言・・・

Apple製品はバックアップとその復元がスムーズに行えるのが特徴なので、そのメリットを十分に活用していこうと思います。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。