【iPad】AR(拡張現実)のデザイン作成と公開ができる!Adobe Aeroをインストールして使う(起動失敗)

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、けーどっとけーです😀

ポケモンGOなどで聞き馴染みのあるAR(拡張現実)ですが、この度Adobe社からコーディングなしでAR空間に3Dコンテンツを作成できる「Adobe Aero」がリリースされました。

Adobe Aeroは、iOSとiPadOS向けのアプリになっています。
インストール後に気が付いたのですが、iPadでも使えない機器があるので事前に確認が必要です。
なお、僕の持っているiPad(第6世代)では残念ながら使用できませんでした・・・。

スポンサーリンク

Adobe Aeroをインストールする

インストールするには、こちらのリンク先App Storeからできます。

サイトが開いたら、「入手」をタップします。
Adobe Aero 入手

ユーザ認証を行います。
iPadだと指紋認証でできるのが便利ですね。
Adobe Aero ユーザ認証

認証後はインストールが開始します。
インストールが完了したら、「開く」をタップしてアプリが起動します。
Adobe Aero インストール後

こちらはインストール後に気がつきましたが、互換性に関しての記載があります。
Adobe Aero 互換性

iPhoneだと8 Plus以降、iPadだとPro 11インチ以降に発売された機器でないと使用できないようです。
こちらは本当は先に確認しておくべきでした。

Adobe Aeroを起動して使う

起動するとカメラのアクセスを求めてくるので、OKをタップして使用を許可します。
Adobe Aero 初回起動

使用にはログインが必要になります。
ログインは、Adobe IDだけでなくAppleやGoogleのIDでもログイン可能です。
Adobe Aero ログイン

ここではGoogleアカウントでログインします。
「続ける」をタップします。
Adobe Aero ログイン開始

しかし、アカウント選択画面で「デバイスのメモリ不足」という警告ウィンドウが表示されました。
Adobe Aero メモリ不足

他のアプリを閉じて、ログインを継続しました。

ログイン後、国と生年月日を記入して、「完了」をタップします。
Adobe Aero ようこそ

Adobe Aeroが使用できる状態になりました。
Adobe Aero ログイン後

初回だとすぐに使い方のツアーが表示されます。
「ツアーを開始」をタップします。
Adobe Aero ツアー

カメラが起動し、スキャンが開始します。
Adobe Aero スキャン

「サーフェスが見つかりました」と表示されます。
Adobe Aero サーフェス

「デジタルアセットを追加します」と表示されます。
Adobe Aero デジタルアセット

・・・と、残念ながらここでアプリがフリーズして操作できなくなりました。
iPadの第6世代では使用できるだけのメモリが足りないようですね。

今回の一言・・・

Adobe Aeroを使ってみたかったけれど、僕の持っているiPadでは使用できず残念でした。
こういうことがあると、上位モデルのiPad Proが欲しくなりますね。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました