【iPad】11種類の言語を活用!iPadOS 15で追加された「翻訳」アプリを使ってみる

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

大学生の頃WindowsのPCを購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他デバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

タブレットは第6世代のiPadを使っています。
そして最近iPadOS 15にアップブレードしました。

iPadOS 15は操作性がより良くなっています。

今回は、iPadOS 15にアップブレードした際に自動で追加された「翻訳」アプリを使ってみました。
翻訳アプリでは、様々な言語の用語や文章を他の言語に翻訳することができます。
なお直接App Storeからインストールする場合はこちらのページから実行できます。
(iPadOS 14以上で使用可能とのこと。)

スポンサーリンク

翻訳アプリを起動して使う

ホーム画面に追加された「翻訳」アプリをタップして起動します。
iPad翻訳アプリ 起動

アプリが起動しました。
「翻訳」と「会話」の2モードが使えます。
iPad翻訳アプリ 起動後

翻訳

まずは「翻訳」を使ってみます。
翻訳したい用語を入力するか音声入力します。
iPad翻訳アプリ 翻訳モード

ここでは日本語で「ブログ」と入力して英語に翻訳します。
iPad翻訳アプリ 翻訳開始

入力すると自動で翻訳結果を表示してくれました。
右下の▶をタップすると翻訳した用語の音声が流れます。
iPad翻訳アプリ 結果表示

用語をタップすると詳細情報を表示してくれます。
iPad翻訳アプリ 詳細情報

日本語→中国語でも翻訳できます。
選択できる言語は日本語を除いて11種類ありました。
iPad翻訳アプリ 中国語でも

会話

「会話」だとマイクで拾った音声を翻訳してくれます。
画面下のマイクアイコンをタップすると音声入力が可能になります。
iPad翻訳アプリ 会話

ただ長すぎる文章は最後まで聞き取ってくれず途中で翻訳されました。
使用するには少しコツが要りそうです。
iPad翻訳アプリ 会話コツ

今回の一言・・・

見ただけで使い方もわかりやすくシンプルに使えます。
使った感じではiPad版はインターネットに接続する必要はありそうですが、言語の学習や確認だけでなく海外に行く場合などでも使えそうなアプリです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いiPadライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました