【iPad】縦に長いサイトでも!第1世代アップルペンシルを使って画面の描画やマークアップをしてみる

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、けーどっとけーです😀

第6世代のiPadを購入し、合わせて第1世代アップルペンシルもゲットしました。

iPadはそれなりに使うのですが、あまり普段イラストを書いたりしないのでアップルペンシルは持て余している感があります。

実はアップルペンシルは絵を描かなくても使える機能があります。

ヒントアプリを開くと、指やマウスでは使うことのできないアップルペンシルだからこそ使える機能を確認できます。
アップルペンシル機能スクリーンショット ヒント

今回はそのアップルペンシルで使える機能のうち「スクリーンショットのマークアップ」を使ってみました。

スポンサーリンク

第1世代アップルペンシルでスクリーンショットを撮ってみる

ヒントアプリからアップルペンシルでできる機能を開きました。

こちらのヒントによると、アップルペンシルで画面下隅から上にスワイプすると画面をマークアップしたりできるとのことです。
アップルペンシル機能スクリーンショット ヒントで試す

実際に試してみると、以下のように画面が縮小されウィンドウ表示されました。
アップルペンシル機能スクリーンショット ウィンドウ

画面下にはマークアップツールバーが表示されています。
アップルペンシル機能スクリーンショット マークアップツールバー

マークアップの使い方はこちらを参照してください。

実際にアップルペンシルで描いてみるとこのような感じになります。
カラフルかつ多様なペン先で描けるのがいいですね。
アップルペンシル機能スクリーンショット 描いてみる

右上の「完了」をタップすると編集した画像を保存することができます。
アップルペンシル機能スクリーンショット 完了

保存した画像はこのような感じになります。
アップルペンシル機能スクリーンショット 完成

ニュースサイトの記事画面に描画してみる

同じようにして試しにニュースサイトの記事にマークを入れてみました。

例えばこのように蛍光ペンでマークしたように描くこともできます。
こうするとニュースをまとめたり気になった箇所をマークして保存しておくことができます。
アップルペンシル機能スクリーンショット 蛍光ペン

また、縦に長いサイトのスクリーショットを撮って保存したい場合もあるでしょう。

その場合は、画面上にある「フルスクリーン」をタップすると、そのサイト全体を編集できるようになります。
右端にある細長い画面をスライドさせると、編集画面が上下に移動します。
アップルペンシル機能スクリーンショット フルページ

保存するとPDF形式で保存できました。
サイトが長くてもそのまま保存してくれるので便利です。
アップルペンシル機能スクリーンショット PDF

開くとマークした箇所もきちんと保存されています。
アップルペンシル機能スクリーンショット PDF開く

今回の一言・・・

どうでしょうか。
これならイラスト描かなくてもアップルペンシルを有効活用できますね。
サイトだけでなくマップや写真にも同じようにマークアップが使えるので、待ち合わせの場所など友人との情報共有にも役立ちそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました