ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » iPad » 【iPad】紙を簡単にデータ化!Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリをダウンロードして使う

【iPad】紙を簡単にデータ化!Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリをダウンロードして使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

iPadを購入して1年経ちました。
今では外ではPCの代わりに、家ではスマートフォンの代わりに使用しています。
調べてみるといろいろできるので便利です。

iPadのカメラで紙の書類や名刺を撮ることでスキャンしPDF化できるアプリ「Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ」が便利ということでインストールして使ってみました。

スポンサーリンク

Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリをインストールして使う

アプリはApp Storeのこちらからインストールページが開きます。

ページが開いたら、「入手」をタップしてインストールを行います。
OCR 付 スキャナーアプリ インストール

認証を行いインストールが完了するまで待ちます。

インストール完了したらホーム画面にアイコンが作成されるので、こちらをタップしてアプリを起動します。
OCR 付 スキャナーアプリ アイコン

Adobe Scanアプリが起動しました。
「続行」をタップします。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 起動

Adobe Scanへようこそ」と表示されるので、「使ってみましょう」をタップします。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 使う

カメラへのアクセス許可を行います。
「OK」をタップします。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ カメラアクセス

通知送信の許可・不許可を選択します。
ここでは「許可」を選択しています。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 通知許可

アプリが使用できる状態になりました。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 起動完了

カメラ内にスキャンしたい用紙を入れます。
ここでは手近にあったレシートをPDF化しようと思います。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ レシート

紙を読み取ると自動で画面が切り替わります。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 読み取り完了

読み取りの幅は調整することができました。
PDF化の準備ができたら、画面右下の「続行」をタップします。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 幅調整

これでPDFが作成できました。この段階ではまだ保存されていません
画面右下の画像をタップして作成したPDFを開きます。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 読み取り後

読み取った画像がちょっと荒いので撮り直そうと思います。
左上の「キャンセル」をタップすると作成したPDFを破棄します。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 破棄

今度はレシートを縦にしてカメラに収めます。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 再度

読み取り完了しました。
境界線調整のタイミングを求められました。
そのままでOKをタップしています。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 読み取り完了

PDF化した画面を確認します。今度は文字もはっきりと読み取れます
またクリーンアップ処理も可能のようです。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ クリーンアップ

PDFを取得したい場合は、画面右上の「PDF」を保存をタップします。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 完了

これで処理は完了です。
PDFはアプリ内かAdobeのクラウド上に保存されるので、別のアプリで使用したい場合は「共有」を行うのがいいかと思います。
Adobe Scan:OCR 付 スキャナーアプリ 共有

今回の一言・・・

こちらのアプリのいいところは何より早いということです。
たくさんスキャンしたい場合でもストレス少なく作業できそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。