【iPad】子供向けに設定可能!スクリーンタイムを子供用として有効にして安心安全に使う

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、けーどっとけーです😀

iPadやiPhoneには端末の使用時間を視覚化できる「スクリーンタイム」という機能があります。
初期設定では無効になっているので、使用するには有効に設定する必要があります。

そして、このスクリーンタイムは子供用にすることでアプリの使いすぎや端末の使用時間を制限することができます。

今回は、このスクリーンタイムを子供用に設定してみました。

スポンサーリンク

スクリーンタイムを子供用として有効にする

「設定」を開き、「スクリーンタイム」>「スクリーンタイムをオンにする」をタップします。
iPadスクリーンタイム子供用 有効

スクリーンタイムの使い方が表示されます。
「続ける」をタップします。
iPadスクリーンタイム子供用 続ける

子供用で使用する場合は、「これは子供用のiPadです」をタップします。
iPadスクリーンタイム子供用 選択

「休止時間」(画面を見ない時間帯)の設定画面が表示されます。
休止時間を設定したら「休止時間を設定」をタップします。
この設定はあとで行うこともできます。
iPadスクリーンタイム子供用 休止時間

次に「App使用時間の制限」画面が開きました。
iPadスクリーンタイム子供用 App使用時間

Appカテゴリにチェックを入れます。(ここでは「すべてのAppおよびカテゴリ」にチェックを入れました。)
チェックを入れたら「使用可能時間」をタップします。
iPadスクリーンタイム子供用 すべてのApp

「使用可能時間」を設定したら、「App使用時間の制限を設定」をタップします。
なお、こちらの設定もあとで行うことができます。
iPadスクリーンタイム子供用 使用時間

「コンテンツとプライバシー」画面が開きました。
コンテンツの制限とプライバシー設定の制限ができます。
このまま「続ける」をタップします。
iPadスクリーンタイム子供用 プライバシー

スクリーンタイム・パスコードを入力します。
iPadスクリーンタイム子供用 パスコード

確認のため再度同じパスコードを入力します。
iPadスクリーンタイム子供用 パスコード再入力

設定したスクリーン・パスワードを忘れた場合リセットするためのApple IDを設定しておくことができます。
iPadスクリーンタイム子供用 リセット

Apple IDを設定しないことも可能です。
iPadスクリーンタイム子供用 AppleIDなし

これで子供用のスクリーンタイムの設定は完了です。
iPadスクリーンタイム子供用 設定完了

設定を変更しようとするとパスコードの入力を求められます。
これでお子さんにiPadを使わせてもスクリーンタイムの設定を変更されることもありません。
iPadスクリーンタイム子供用 パスコード使用

今回の一言・・・

お子さんにタブレットなどの端末を渡すと使いすぎないかの心配があるかと思いますが、このようにスクリーンタイムを利用すれば安心して使わせることができますね。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました