【iPad】予定に合わせてカスタマイズ!iPadOS 15の集中モードをオンにして使ってみる

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利で面白いアプリを使ってみることを趣味としています。

タブレットは第6世代の「iPad」を使っています。
家ではスマホの代わりに外ではPCの代わりにと幅広い用途で使えるので便利です。
先日も遠出したのですが、iPadは持ち運びも軽くメモ書きもサクサクできるので役に立ってくれました。

そのiPadも最新のiPadOS 15にアップグレードしています。

今回はそのiPadOS 15の「集中モード」をオンにして使ってみました。
この集中モードをオンにすると警告や通知を任意のタイミングで受け取ることができるようになります。
仕事や睡眠など邪魔されたくない場合に有効活用できる機能です。

スポンサーリンク

iPadの集中モードをオンにする

画面右上から指で下にスライドするとメニューパネルが表示できます。
パネルの中に「集中モード」のアイコンが用意されています。
iPadOS15 集中モード パネル

アイコンをタップするとメニューが表示されます。
「おやすみモード」「パーソナル」「仕事」は最初から用意されています。
項目をタップするとそれぞれオンになります。
iPadOS15 集中モード パネルタップ

集中モードの設定を行う

各項目の「…」をタップすると簡易設定画面が開きます。
iPadOS15 集中モード 簡易設定

さらに「設定」をタップすると設定画面が開きます。
iPadOS15 集中モード 設定

「設定」が開きます。
初回だけ以下のようなウィンドウが開きます。
こちらは「パーソナル集中モード」の設定です。
「次へ」をタップします。
iPadOS15 集中モード パーソナル

「通知を許可する連絡先」を設定できます。(後でも設定は可能です。)
iPadOS15 集中モード 連絡先

次に「通知を許可するApp」の設定が開きます。(こちらも後でも設定可能です。)
iPadOS15 集中モード 通知を許可App

「使用可能になりました」と表示されたら「完了」をタップします。
iPadOS15 集中モード 使用可能

さらに「仕事集中モード」の設定も表示されました。
iPadOS15 集中モード 仕事集中モード

設定は「パーソナル集中モード」と同様です。
iPadOS15 集中モード 仕事 連絡先
iPadOS15 集中モード 仕事通知許可
iPadOS15 集中モード 仕事完了

「設定」画面からは、それぞれの項目の詳細設定が可能です。
iPadOS15 集中モード 設定画面

画面右上の「+」をタップすると、用途に応じた集中モードを新たに追加できます。
iPadOS15 集中モード 追加

集中モードオンにして使う

集中モードをオンにすると許可したApp通知や警告以外は表示されません。

ロック画面を開くと届いた通知は一覧表示されていました。
これなら通知自体を見逃すことはなさそうです。
iPadOS15 集中モード ロック画面

こちらの画面から集中モードオン中のApp通知許可を設定することもできます。
iPadOS15 集中モード 通知許可

今回の一言・・・

アプリを追加するたびに通知の量も増えるので、作業に応じて集中モードをうまく使ってiPadをより快適にしていくのもいいかも。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました