ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » iPad » 【Apple】カメラを使って長さを測る!iPadで計測Appを使う

【Apple】カメラを使って長さを測る!iPadで計測Appを使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

物をカバンに入れる時の大きさや部屋に物を置くときに隙間にちゃんと入れるかなど物の長さを測りたい場合があると思います。
普通はメジャーや物差しなどで測るものですが、なんとiPhoneやiPadのApple製品にインストールされている「計測App」(計測アプリ)を使用すればカメラを使って物の長さを測定してくれます。

今回は、iPad(第6世代)で計測Appを使用してみました。

スポンサーリンク

計測Appを起動する

計測AppはiPadに最初からインストールされていました。
ホームにある計測Appをタッチして起動させます。
計測App 起動

起動すると設定など必要なくすぐに使うことができます。
iPadのカメラが計測したい物に写り込むようにします。
計測App 起動後

計測Appで長さを測る

まずは画面の案内にしたがってiPadを動かします。
計測App 案内

うまく計測対象の物体を認識できない場合は、以下のような画面が表示されます。
「やり直す」をタップして再開します。
計測App 再開

アプリが物体を認識し測定OKになると、画面に円のような画像が表示されます。
計測を始めるには始点を合わせて「+」ボタンをタップします。
計測App 開始

始点が定まると黄色い点が配置されます。
計測App 始点決定

そのままiPadを動かせば、長さを表示してくれます。
計測App 長さ

再度「+」ボタンをタップすることで終点が定まります。
終点を定めると、物の長さが黒色の数字で表示されます。
計測App 終点

この長さをタップすると、数値をコピーすることができます。
計測App コピー

「◉」ボタンをタップすると画像で保存しておくこともできます。
計測App 画像保存

保存した画像はこのような感じになります。
計測App 保存画像

このように物体が四角形であれば、まとめて認識することもできました。
計測App 縦横

「+」ボタンをタップすると、縦横の長さと面積を表示できます。
計測App 縦横計測

数値をタップすると、数値がまとめて表示されました。
計測App 数値まとめてコピー

今回の一言・・・

物体の認識に手間取りましたが、カメラで長さを測るのはすごく便利でした。
コピーや保存もできるのでメジャーや物差しよりも使いやすいと感じます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。