ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Android Studio】AndroidQをインストールしたエミュレーターを作成する

calendar

こんにちは、K.Kです😀

Kotlin1.3にバージョンアップしたり、Coroutines(コルーチン)を使ったりしていますが、後に実行することも考えてエミュレーターで最新のAndroidQが使える端末を用意しておきます。

Android StudioのAVD(Android Virtual Device)というエミュレーターを使用します。
予め仮想のAndroid端末が用意してあるので、簡単に作成できます。

スポンサーリンク

AVD Managerを起動する

まずはAndroid Studioを起動します。
上部のメニューからTools→AVD Managerをクリックします。

または、作成したプロジェクトを起動してもAVD Managerが開きます。

右クリックして、「Run ・・・」か上にある▶︎マークをクリックするとプロジェクトが起動します。
AndroidQエミュレーター

AVD Managerが開きます。ここからエミュレーターを選択できます。
今回は新規で作成します。
「Create News Virtual Device」をクリックします。
AndroidQエミュレーター 新規

Android Qのエミュレーターを作成する

エミュレーター作成画面が開きます。

スマホ端末を選びます。
AndroidQをインストールするので、比較的新しい端末がいいでしょう。
端末を決めたら「Next」をクリックします。
AndroidQエミュレーター 端末選択

次にAndroidのバージョンを決めます。
AndroidQを選択しますが、ダウンロードをまだしてないので、「Download」をクリックします。AndroidQエミュレーター バージョン決める

ラインセンス画面が開きます。
AndroidQエミュレーター ライセンス

「Accept」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。
AndroidQエミュレーター ライセンス許可

ダウンロードが始まります。
AndroidQエミュレーター ダウンロード開始

完了しました。環境によりますが、20分ほどかかりました。
「Finish」をクリックすると終了します。
AndroidQエミュレーター ダウンロード完了

ダウンロードできたので、Qをクリックし右下の「Next」をクリックします。
AndroidQエミュレーター Q選択

最後に作成するエミュレターの設定を確認します。
Qであることを確認して、「Finish」をクリックします。
AndroidQエミュレーター 完了

AVDを起動する

作成したエミュレーターを起動させます。
Android Qのエミュレーターを選択して、「OK」をクリックします。
AndroidQエミュレーター 起動

Android StudioでQのプラットフォームをインストールする必要があるようです。
以下のウィンドウが開きました。
「Install and Continue」をクリックします。
AndroidQエミュレーター プラットフォーム

先ほどと同じようにライセンス画面が開きます。
「Accept」にチェックを入れて、「Next」をクリックします。
AndroidQエミュレーター ライセンス

ダウンロードが開始します。

完了したら、「Finish」をクリックします。
AndroidQエミュレーター プラットフォーム完了

これでAndroidQのエミュレーターが使えるようになりました。
AndroidQエミュレーター 起動後

今回の一言・・・

最近ベータ版がリリースされたAndroidQがエミュレーターで使えるのは驚きました。
ダウンロードも簡単にできるので、気になる人はぜひダウンロードして使ってみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。