【Android】デバイスで共有!MicrosoftのOneNoteアプリをインストールして使う

アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

Microsoft Officeのアプリは、Word・Excel・PowerPointと使っています。
特に仕事でExcelは毎日のようにお世話になっています。

前回は、Officeアプリの中でまだ使ったことのない「OneNote」をWindows 10で使ってみました。

このOneNoteはデジタルノートブックで、思いついたことを自由に入力したり描いたりできます。
その自由度はExcelよりも幅広いというのが感想でした。

今回は、こちらのOneNoteアプリをAndroidスマホにインストールして同期してみました。

スポンサーリンク

AndroidにOneNoteアプリをインストールする

Google Playのページからインストールできます。

ページを開いたら「インストール」をタップします。
Android OneNote インストール開始

インストールが開始します。
Android OneNote インストール中

インストールが完了しました。
「開く」またはホーム画面のアイコンをタップするとアプリが起動します。
Android OneNote インストール完了

AndroidのOneNoteアプリを同期して使う

アプリが起動すると読み込みが開始します。
Android OneNote 起動読み込み

読み込みが完了すると、連絡先へのアクセス許可の有無が表示されます。
ここでは「許可」をタップしました。
Android OneNote アクセス許可

さらに読み込みが続きます。
Android OneNote 再読み込み

読み込み完了したら「使ってみる」をタップします。
Android OneNote 読み込み完了

起動しましたが、いつもプライベートで使っているアカウントではないためアカウントを追加します。
追加する場合は、「その他のノートブック」をタップします。

サインイン画面が開くので、アカウントとパスワードを入力して認証を行います。
Android OneNote サインイン入力

サインインがうまくいきました。
前回Windowsで編集したOneNote情報と同期できました。
Android OneNote 同期完了

使い方はWindows版と同じで「セクション」→「ページ」→「ノート」と進みます。
Android OneNote ページ

ノートを開くと、Windows版で編集した内容を表示できました。
Android OneNote ノートを開く

もちろんAndroid版でページを編集することもできます。
Android OneNote ページ編集

新規ページを作成してみました。
Android OneNote 新規ページ

フリーハンドで描画もできます。
これはスマホの方が描画しやすいかと思います。
Android OneNote フリーハンド

今回の一言・・・

スマホでもOneNoteが使えるので、移動中などPCが開けない場合でも思いついたことや描きたいことを簡単に書き留められそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました