ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » 日記 » 【日記】昼でもいい景色!日本夜景遺産の川崎マリエンに行ってきた

【日記】昼でもいい景色!日本夜景遺産の川崎マリエンに行ってきた

calendar

こんにちは、K.Kです😀

先日、日本夜景遺産に指定されている川崎マリエンに行ってきました。
ここの10階・地上51mにある展望台から見える夜景が最高とのことです。

この展望台にに行ってきました。
昼間に行っても、川崎だけでなく東京や千葉の景色も見ることができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

川崎マリエンに行ってみた

川崎マリエンは川崎港と市民の交流を深めるために作られたコミュニティ施設とのことです。
展望台だけでなく、テニスやビーチバレーのスポーツ施設やBBQ場があります。

アクセスは、JR川崎駅からバスに乗るか車で行くかです。
駐車所は普通自動車226台停められるので広いです。

展望台の詳細は以下の通りです。

  • 入場時間:09:00-21:00(入場は20:30まで)
  • オープン日:休館日(12/29~1/3)を除く毎日・会館が定める休館日及び設備点検日
  • 入場料無料

こちらが川崎マリエンのタワー棟です。
この日は快晴というほどではないですが晴れていました。
川崎マリエン

反対側から見たところです。
遠くから見ても特徴的な建物です。
川崎マリエン 裏から

展望台に行くには、向かって右側の交流棟から入ります。
ここにあるエレベーターで展望台のある10階まで登ります。

展望台で眺めを見る

10階でエレベーターを降りて横に行けばすぐに景色が見られます。
ここの展望台は360°ぐるっと見渡せることができます。

こちらは入口側南側の景色です。奥には東京湾が見えます。
川崎マリエン 真正面

展望台にはお約束の望遠鏡もあります。なんとこれ、無料で使えます。
この日は晴れとはいえ雲がまばらにあったので遠くの景色は見にくかったですが、だいぶよく見える望遠鏡です。
川崎マリエン 望遠鏡

こちらは北側です。
川崎マリエン 北側

見渡すと付近は工場地帯です。
川崎マリエン 工場地帯

ガラス窓の下には、地図があるのでどの方向にどんな建築物があるかもわかります。
川崎マリエン マップ
川崎マリエン マップ2
天候によりますが、富士山やスカイツリーや幕張も見えるようです。
周辺が工場と港で高い建物がないため、遠くの景色も見えるのでお得感があります。

また、展望台の中央には、地面にジオラマがあり位置関係がよくわかります。
川崎マリエン ジオラマ

今回の一言・・・

展望台入場も無料・望遠鏡も無料・案内タッチパネルの使用も無料です。
訪問した時は、混んではいませんでしたが、親子連れや老夫婦がいました。
座れるスペースもいくつかあるので、ゆっくり楽しむのもありでしょう。
夜だけでなく昼に行くのもオススメです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。