ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【IT入門】ネットワークを構成する装置に関して

calendar

reload

【IT入門】ネットワークを構成する装置に関して

こんにちは😀

今回は、ネットワークを構成する装置に関してまとめました。

ネットワークは、コンピュータやルータなど複数のシステムを接続して、通信できるようにした状態を言います。
ネットワークで用いる各装置というのは、OSI参照モデルに照らし合わせることができます。

スポンサーリンク

OSI参照モデルに関して

OSI(Open Systems Interconnection)参照モデルとは、コンピュータの持つべき通信機能を階層構造に分割したモデルです。
OSI参照モデルは、第1層から第7層に分けられています。
これにネットワークの機器を割り当てます。

第1層:物理層

物理的に接続するモデルに関する階層になります。
LANケーブル、NIC、リピータが該当します。

第2層:データリンク層

同一ネットワーク内で接続するモデルに関する階層になります。
パケットのMACアドレスを使って、ネットワーク内のセグメント内を中継するブリッジが該当します。

第3層:ネットワーク層

ネットワークとネットワーク間を中継するモデルに関する階層になります。
パケットのIPアドレス情報を使用して、ネットワーク間を中継するルータが該当します。

第4層:トランスポート層
第5層:セッション層
第6層:プレゼンテーション層
第7層:アプリケーション層

プロトコル変換を行うことで、トランスポート以上が異なるネットワーク同士を中継するゲートウェイが該当します。

NICに関して

コンピュータをネットワークに接続するための拡張カードがNIC(Network Interface Card)になります。
LANポートとも呼ばれるものです。

NICの役割は、データを電気信号に変換してケーブル上に流します。そして受け取ることも行います。

NICを始めとするネットワーク機器には、MACアドレスが割り当てられています。
イーサネットでは、このMACアドレスを使って各機器を識別しています。

各装置に関して

ここでは、それぞれの装置について整理します。

リピータ

物理層の中継機能を提供する装置になります。
ケーブルを流れる電気信号を増幅して、LANの総延長距離を伸ばします。

ブリッジ

データリンク層の中継機能を提供する装置になります。
セグメント間の中継役をして、流れてきたパケットのMACアドレス情報を確認し、必要であれば他方のセグメントへとパケットを流します。

ルータ

ネットワーク層の中継機能を提供する装置になります。
異なるネットワーク同士の中継役として、流れてきたパケットのIPアドレス情報を確認した後に、最適な経路へとパケットを転送します。
この最適な転送先をルーティングテーブルといいます。

ゲートウェイ

トランスポート層以上が異なるネットワーク間で、プロトコル変換による中継を提供する装置になります。
ネットワーク双方で使用しているプロトコルの差異をゲートウェイが変換し、吸収することでお互いの接続を可能とします。

今回の一言・・・

日頃使用しているネットワークも階層に別れたリレーションで通信が行われていることがわかります。

今回はここまで🤚

では、また次回。

IT入門一覧はこちら】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す