ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » IT入門 » 【IT入門】システムの開発手法

【IT入門】システムの開発手法

calendar

reload

【IT入門】システムの開発手法

こんにちは😀

今回は、システムの開発を進める上での開発手法をみていきます。
開発する上では、設計を作りコーディングをしテストをするという段取りがありますが、大きなプロジェクトになり開発する人も多くなると、その状況に適した開発手法を求められることがあります。

代表的な開発手法をしては、
・ウォーターフォールモデル
・プロトタイピングモデル
・スパイラルモデル
があります。

それぞれまとめていきます。

スポンサーリンク

ウォーターフォールモデル

古くからあるモデルで、要件定義→設計→プログラミング→テストへと各工程を順に進めていきます。
それぞれの工程を完了させてから、次の工程へ進むので管理がしやすいのが特徴です。

ただし、利用者がシステムを確認できるのはプロジェクトの最終段階に入ってからになります。
また修正のために前の段階に戻ることを想定していないので、最後に仕様や要件と違うということが判明してしまう場合があります。

流れをより細かくすると以下の工程に分けられます。
①基本計画:要件定義を指します。
②設計:外部設計、内部設計を指します。
③プログラミング
④テスト:単体テスト、結合テスト、システムテストがあります。
⑤導入・運用

プロトタイピングモデル

このモデルは、開発初期の段階で試作品を作り、それを利用者に確認してもらうことで、開発側との認識のずれを防ぐことができます。

流れを簡単に書くと、
要件定義→プロトタイプ作成→プロトタイプ確認→(修正があればプロトタイプ作成に戻る)→設計→プログラミング→テスト
になります。

事前に試作品を作成しているので、ウォータフォールのようにテスト後に想定と違うという事態は避けられます。
ただし、試作品と言えどもそれなりのシステムを予め作るのはそれだけの工数を必要とします。

スパイラルモデル

このモデルは、システムを複数のサブシステムに分割し、それぞれのサブシステムごとに開発を進めていく手法になります。
個々のサブシステムに関しては、ウォータフォールモデルを採用します。

例えば、システムを3つのサブシステムに分けて開発する場合、1つだけ先に作成してそれを試作品として確認してもらう方法が取れます。
そして、そのレビューを元に2つ3つとサブシステムの完成度を高めていくことができます。

言うなれば、ウォーターフォールモデルとプロトタイピングモデルの長所を持ったモデルになります。

今回の一言・・・

自分の関わるプロジェクトもどのモデルがやりやすいかを考えた上で進めていくのがいいかと思います。

今回はここまで🤚

では、また次回。

IT入門一覧はこちら】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す