【レビュー】1.36kgと軽量タイプ!モバイルディスプレイ「ARZOPA」13.3インチモデルを開封してみる

ガジェット・モノ
スポンサーリンク

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリやITサービスに興味を持ちました。
今ではMacやWindowsのPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

仕事はここ数年テレワークが増えており、家での作業もPCで接続する外部ディスプレイが欲しいと思っていました。
この度ちょうどいい値段で買うことができたのでこちら「ARZOPA」の13.3インチのモバイルディスプレイをゲットしました。

こちらのARZOPAのモバイルディスプレイはPCだけでなく、PS4やSwitchなどのゲーム機にも使用できます。
今回はこちらのモバイルディスプレイの開封レビューとなります。

スポンサーリンク

ARZOPAの13.3インチ モバイルディスプレイを開封する

Amazonのセールで多少安くなってたので即購入しました。
包装状態で持ってみたのですが、驚くくらい軽いです。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 包装

モバイルディスプレイの箱はこのような感じです。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 箱

フタを外してみました。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ フタはずす

フタの裏と箱には緩衝材がありクッション性が高いです。
長期間使わない場合はこちらの箱に再度入れ保存しておくといいでしょう。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 緩衝材
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 

日本語の説明書が入っていました。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 日本語説明書

ARZOPAのモバイルディスプレイ本体を取り出す

モバイルディスプレイ本体を取り出します。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 本体

袋から出しました。
だいぶ薄く軽いです。
幅は1cmくらいで公式データによると重さは1.36kgです。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 重さ

マグネット式のカバーが装着されています。
サイドにはUSBタイプCやHDMIのポートがあります。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ カバー
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ サイド

カバーは簡単に取り外すこともできました。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ カバーを外す

カバーを開くとディスプレイが出てきます。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ カバーを開く

フィルターがあらかじめ貼られていました。
剥がしてもいいですが貼ったままでも使用上画面が見にくいということもありませんでした。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ フィルター

モバイルディスプレイを立てるには、まず開いたカバーをそのまま後ろに移動します。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ カバーを後ろに

さらにカバーの上部を本体にマグネット接続するとスタンドモードになります。
最初はカバーが固いので慣らす必要はありました。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ スタンドモード

スタンドモードは安定感がすごくあるというわけではないですが、通常の平らな机に置く分には十分な安定性だと思います。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ 設置性

アクセサリー・付属品をみてみる

本体を取るとその下にはアクセサリー等の箱がありました。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ アクセサリー箱

USBタイプCのケーブルが入っています。
両端がタイプCとなっておりPCなどのデバイスとの接続に使用できます。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ USBタイプC

さらにUSBタイプCとタイプAのケーブル・USB変換コンセントとクリーニングクロスが入っていました。
USBケーブルとコンセントはモバイルディスプレイの充電に使用できます。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ コンセント

USBタイプCに対応していないデバイスに接続する場合に対応できるようHDMIケーブルも入っていました。
ARZOPA 13.3インチ モバイルディスプレイ HDMIケーブル

今回の一言・・・

持ち運びできるディスプレイが欲しかったので、この軽さと薄さは予想以上にニーズにマッチしていました。
次回はこちらARZOPAのディスプレイをPCに接続してみます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いモノライフを。

コメント