【レビュー】コンパクトなワイヤレスマウス!エレコムマウス「CAPCLIP(キャップクリップ)」を使う

スポンサーリンク
ガジェット・モノ

こんにちは、けーどっとけーです😀

外での作業用にiPadをゲットしましたが、今度はiPad用にワイヤレスマウスが欲しくなりました。
(iPadOSだと今まで使用できなかったマウスが使えるようになります。)
持ち運びに便利そうなワイヤレスマウスを探して見た所、コンパクトなマウス「CAPCLIP(M-CC2BRSWH)」を見つけ購入することにしました。

今回は、このCAPCLIPの開封と充電を行ってみました。

スポンサーリンク

CAPCLIP(キャップクリップ)を開封する

CAPCLIPはエレコムのBluetoothワイヤレスです。
Bluetooth接続なので接続先のUSBコネクトを必要としません。
また、バッテリー内蔵のため電池も必要としません。
さらに使用時に音が気にならない静音タイプとのことです。

ネットで注文して配送されたCAPCLIPがこちらです。
一部透明なケースのため中のワイヤレスマウスが見える状態です。
CAPCLIP開封 箱の状態

箱裏には対応OSや製品の特徴が書かれています。
CAPCLIP開封 箱裏

箱裏は開くことができます。
外観や使い方が表記されています。こちらを見れば使い方のイメージがわきます。
CAPCLIP開封 箱裏開き

箱から製品を取り出したところです。
CAPCLIP開封 取り出す

中には、ワイヤレスマウス・USBケーブル・説明書の3点が入っていました。
CAPCLIP開封 付属品

こちらがワイヤレスマウス「CAPCLIP」です。
CAPCLIP開封 マウス

CAPCLIPの特徴はマウスの後部を分離させることができます。
CAPCLIP開封 分離

後部はフタになるので、このようにはめ込めばコンパクトに持ち運ぶことができます。
CAPCLIP開封 コンパクト

9.7インチのiPadと大きさ比較したところです。
フタをかぶせることでだいぶ小さくなります。
CAPCLIP開封 大きさ

なお後ろはクリップになっており、このように挟んで持ち運ぶことができます。
CAPCLIP開封 クリップ

CAPCLIP(キャップクリップ)を充電する

では、CAPCLIPを充電してみます。

CAPCLIPの前部の背面のフタを外すとmicro USBの挿し口があります。
CAPCLIP充電 フタを開く

付属のUSBケーブルを使用して、PCから充電を行いました。
CAPCLIP充電 充電中

充電中はホイール部にあるランプが赤く光ります。
赤いランプが消えると充電完了です。
CAPCLIP充電 赤くひかる

説明書によると満充電になるには約3.5時間かかるとのことです。

今回の一言・・・

CAPCLIPは小さいだけでなく、バッテリー内蔵なのに軽いです。
マウス状態にするとちょうど手に収まるサイズになり触ってみると驚きです。
マウスとして接続して使ってみるのが楽しみです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました