ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【コンテナ】まずは初歩から!Dockerでコンテナを作ってみる

calendar

reload

【コンテナ】まずは初歩から!Dockerでコンテナを作ってみる

こんにちは、K.Kです😀

前回は、Dockerを起動したタイミングでバージョンアップをすることになりました。

今回は、Dockerでコンテナの作成・起動・停止・削除を行ってみます。

スポンサーリンク

docker runコマンドを使う

コンテナを実行するコマンドに、「docker run」があります。
「hellow-world」を起動します。

ターミナルで実行するとこうなります。
これはローカルに「hello-world」というイメージを見つけられなかったので、DockerデーモンがDocker Hubから「hello-world」を引っ張っきて起動していることを意味します。
Docker作成コマンド hellow world

このようにDockerにはDocker Hubという多くの開発者が作成したイメージが公開されているサイトがあります。
欲しいDockerのイメージはここにアクセスしてPullできます。
Docker Hubもまた別のタイミングで詳細に触れてみます。

コンテナ実行を細かくみてみる

上記で見た「docker run」は、イメージを引っ張ってくる(pull)とコンテナの作成(create)とコンテナの起動(start)を一気にやってくれるコマンドでした。

それぞれ個別でコマンドを打って起動することも可能です。
実際に一つ一つ打ってみましょう。

docker pull

「docker pull」はDocker Hubから同名のイメージを引っ張ってきています。
「docker create」はイメージを元にコンテナを作成します。
「docker create」実行後に表示される長い文字列は「コンテナID」になります。

次は、作成したコンテナを起動してみましょう。
見ての通り「docker start hello-world」では起動しません。
docker start」の後は、コンテナ作成時に表示されたコンテナIDを指定します。

また停止時もコンテナIDを指定します。

docker start

最後にコンテナの削除コマンドを打ちましょう。

docker rm

一先ずのコンテナのPullから削除までの流れをコマンド操作してみました。

今回の一言・・・

コンテナ操作の初歩の初歩ですが、コマンドを打っていって操作感とコツを早く掴んでいきます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓次回はこちら