ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » アプリ・ソフトウェア・サービス » 【アレクサ】Amazon Echoのスキルが作れる!Alexa Skill Blueprints(ブループリント)を使用する

【アレクサ】Amazon Echoのスキルが作れる!Alexa Skill Blueprints(ブループリント)を使用する

calendar

こんにちは、K.Kです😀

Amazonのスマートスピーカーであるアレクサでは、「スキル」と言うニュースや路線情報など音声操作できる便利なツールがあります。
その多くはすでに用意されており、対象のスキルを有効にすれば使うことができます。

また、自分でスキルを作成することもできます。
それが今回使ってみる「Alexa Skill Blueprints」通称:ブループリントです。

スポンサーリンク

Alexa Skill Blueprintsを使う

Alexa Skill Blueprintsのページはブラウザで開きます。
ページはこちらです。

開いて右側にある項目を作ると説明動画をみることができます。
Alexa Skill Blueprints 開く

動画を見れば作成のイメージがわきます。
Alexa Skill Blueprints 動画

今回は「カスタムQ&A」でスキルを作成します。
Alexa Skill Blueprints QA

カスタムQ&Aを作成する

カスタムQ&Aのページが開きます。
サンプルや作り方の説明が記載されています。
作成するには、「作成する」をクリックします。
Alexa Skill Blueprints QAページ

作り方の説明ウィンドウが開きます。
消す場合は、右上の「×」をクリックします。
Alexa Skill Blueprints 説明

作成の仕方は、シンプルで質問と回答を記入すればOKです。
問いは複数記載することができます。
なお、すでにサンプルQ&Aが記載されています。
Alexa Skill Blueprints サンプル

所有しているMac Bookの型番を忘れるので、回答してもらうことにします。
Alexa Skill Blueprints 質問をかく

あとはゴミの日を追加しました。
このように備忘録として使用するのがいいかと。
下にある「+Q&Aを追加する」をクリックするとQ&Aを追加できます。
Alexa Skill Blueprints 追加

Q&Aを記載したら、右上の「次へ:スキルを作成」をクリックします。

しかし、エラーが出ました・・・。
どうやら、英字やスペースは使えないようです。Alexa Skill Blueprints エラー

英字はカタカナにし、スペースは消します。
「次へ」をクリックします。
Alexa Skill Blueprints 次へ

今度は通りました。

初回はアカウント情報の更新を求められます。
Alexa Skill Blueprints アカウント情報

必須項目を記入して、「アカウントを更新」をクリックします。
Alexa Skill Blueprints 更新

スキル作成が開始します。
Alexa Skill Blueprints 作成開始

まだスキル作成中です。実際2、3分ほどかかります。
Alexa Skill Blueprints 作成中

作成完了しました。
これで、Amazon Echoで音声呼び出しができます。
再編集する場合は、右にある「編集」をクリックします。
Alexa Skill Blueprints 作成完了

作成したスキルを使う

使ってみてわかるのですが、だいぶ質問の認識はクセがある感じです。

例えば、今回作成した質問の「持っているマックブックは?」と「陶器ガラス金属ゴミの収集日は?」では、アレクサは認識してくれませんでした。

しかし、「僕のパソコンは?」や「金属ゴミの日は?」では認識し、回答してくれました。

質問はなるべく短くシンプルな用語を使った方がいいようです。

なお「マックブックは?」だけだと、辞書で調べるようなMac Bookの用語の説明をし始めたのでシンプル過ぎても良くないようです。

今回の一言・・・

今回使用したカスタムQ&Aでは、質問の作成はクセがあり慣れが必要です。
スキル作成にも一回一回数分かかるので、もし簡単にテストできる機能があると作成も楽になるのですが・・・。
今後のバージョンアップにも期待していきたいところです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。